2010年10月23日

最近の消費者金融は利率が低い

以前までは30%程度の利率が常識だった消費者金融業界ですが、最近はほぼ、18%程度で各社統一されているようです。
一方で、クレジットカードのキャッシング枠ですが、こちらの方は15%〜18%というようになっており、ほぼ、消費者金融と同様の利率が設定されています。

このような状況をかんがみてみると、いかに以前までの利率が高かったかと考えてしまうのですが、ようやく正常な状態に戻ってきたのだろうと思うわけです。

大きくみると日本の社会は格差社会へ既に移行しているわけですが、リーマンショック以降、今後はどのような状況になるのかわからないという情勢です。
アメリカのデフォルト危機はなんとか回避されましたが、根本的な解決はなされておらず、また、日本においても累積債務はふくらむばかりです。

日経平均株価も軒並み下落基調にあるなか、今後、リーマンショックのような国際金融危機が立て続けのおこると、現在の経済社会というのはまったく違った様相を呈することになるだろうと思われます。

そのように考えると、消費者金融というのは、今後は衰退産業になっていくものと思われますが、それに変わる新たな金融業界の登場が期待されるところであります。
posted by 学ロン at 00:16| 学生ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

キャッシングとショッピングローンの違い

ローンには“キャッシングタイプ”と“ショッピングタイプ”がございますけれども、実質的に借金であることにはかわりありません。一見すると、ショッピングタイプの場合、物を購入しているわけですので、借金ではないように感じるかもしれませんが、実質的には同じことを意味しています。

どこがどう違うのかというと、通常のキャッシングローンの場合、直接お金を融資してもらい、それで商品を購入するわけですが、このやり取りがローン会社から直接お店の方へお金が流れるだけで、実質的には2者の間の違いというのはほとんどないわけです。

ただ、使用目的が明確になっているだけ、ある程度は融資する側もやりやすいかと思います。融資したお金がギャンブルなどへ回っているのではなく、使用目的が明確になるわけですので、そういった透明性の面でのメリットがあります。

融資を受ける側からすると、若干は利率の方もおさえられている傾向があるので、できるだけ、ショッピングローンを利用した方がお得といえるでしょう。
posted by 学ロン at 00:00| 学生ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月13日

大学生がローンを組む複雑事情

日本経済における企業収益が悪化の一途をたどるなか、リストラの不安こそあるものの、給与の増収は見込めないというサラリーマンも多いものです。
そうなると、むしろ自由にアルバイトができる大学生の方が自由に使えるお金が多いという事情もあったりするわけなのです。

学生さんということで、さまざまな保護を受けることができるので、年金や保険、あるいは税金面での負担が少ない状態で、なおかつ所得が多いというケースもあるわけです。
一般的にはバイト収入ということになりますが、インターネットでさまざまなビジネス形態が発生しているなか、起業しながら多額の収入を得ているという方も多いと思います。

そのような事情があるので、比較的、融資を受ける際にも、収入面での所得証明さえしっかりとあれば、すんなりとローンの融資を受けることができたりもするわけです。
ましてや、大学生はたいていは就職するものですので、貸し倒れリスクも比較的少ない傾向にあります。

つまり、サラリーマンは所得の実績に応じてローンを組み、学生さんは、その将来性をちらつかせながら融資を受けるというニュアンスがあったりするわけです。
審査を受ける際には、そのあたりのアピールをしながら、融資を受けるようにするとよいのではないでしょうか。
posted by 学ロン at 00:16| 学生ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月09日

学生さんの夏休みもお金が必要

夏休みにどこか海外旅行でもしようかなとお考えの学生さんもいらっしゃるかもしれません。
だけど、バイト代だけではなかなか難しいですよね、旅費を捻出するのって。
お金のあるときは時間がない、逆に、時間のあるときはお金がないという人も多いのではないでしょうか。
でも、大丈夫。
だって、学生ローンを利用すれば、急な出費にも対応できるのです。

ただ、貧乏旅行をするといっても、あまり場所は避けることをおすすめします。
最近は日本人旅行者をねらったトラブルも多く、さまざまな事故にまきこまれることも多いです。
最低限、トラブルにあった場合でも自分で対処するのが可能な地域に出かけていくようにしましょう。

外務省からは渡航者情報なども出ていますので、インターネット上でチェックすることをおすすめします。
一般的には、ヨーロッパの大都市や日本人観光客のリゾート地域が安全といわれていますが、安全と費用の出費はほぼ比例関係にあります。

安全なホテルは高い費用がかかりますので、学生さん向きの安いホテルを利用するといいかもしれません。
ユースホステルやBアンドBなど、さまざまな種類があるのでチェックするとよいでしょう。
posted by 学ロン at 00:16| 学生ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

二重ローン問題は解決しがたい

住宅ローンを利用していた人が被災し、家屋がなくなってしまったのにローンだけが残されている状態が二重ローン問題です。
新しい家を建てるのにもローンを組むことになるので、二重のローンとなってしまうわけですが、この問題を抱えている人がたくさんいらっしゃるようで、なかには、新築した次の日に家が流されてしまったという方もいるようです。

これを税金などで救済するとなると、一括で家を購入した人などから見れば不公平になるわけですし、家だけではなく、自動車はどうなんだっていう話にもなってくるので、ローンの免責というのは基本的にできない状態のようです。

阪神のときもやはり、同様の問題が発生していたようなのですが、そのまま返済していったということらしいので、これは致し方ない部分もあるようです。

また、東北の被災地だけでなく、チバリーヒルズでも液状化現象などが生じているようですので、今後、住宅を購入する際は、よくよく考える必要があるのかもしれません。

ただ、これだけ地震が多い国なわけですので、何らかの保険制度を確立するべきなのではないかといいう気がいたしますが、地震の場合は規模がはかりしれないですので、これはおそらく無理のような気もするわけです。
結局のところ、天災については、おこってしまったらあきらめるしかないのかもしれません。
posted by 学ロン at 00:31| 学生ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする