2019年04月18日

学生ローンでキャンパスライフをエンジョイ

日本の場合、大学受験までは厳しい面がありますが、大学生になると生活が一変します。過酷なお受験生活から開放されたキャンパスライフは、人生のなかでも最後の楽園ともいえる楽しいものです。

受験勉強と就職後のサラリーマン生活の間の憩いひとときともいえる大切な時期になりますので、貴重な時間を有意義に過ごすことをおすすめします。

けれども、学生生活をエンジョイするためには、学費のほかにも、サークル活動やデート費用、飲み会、あるいは卒業旅行などで多額の費用がかかる傾向にあります。

バイトをすれば、ある程度の収入にはなりますが、免許の取得や学費の支払い、資格の取得など、数十万円単位のまとまった資金が必要になることも多いです。社会人であれば、ローンを組むのは比較的簡単なのですが、職についていない学生がローンを組むというのは困難な傾向があります。

けれども、学生ローン比較をしてみますと、首都圏を中心に、学生でも借り入れが可能な貸金業者も比較的多い傾向にあります。概ね、バイト収入が前提にはなりますが、探せば、学生でも融資してくれる金融会社もあるかと思いますので、詳細にチェックされることをおすすめします。

ただ、月並みですが、借りすぎには注意が必要となります。
就職氷河期といわれているように、学校を卒業後も就職が決まらないということも、今のご時世なら普通にあるものです。借り入れをかかえたまま就職活動をするのは、心理的にも、金銭的にも負担が多くなります。

できるだけ、金利を安く借りることができるローン会社を選択して、学生のうちは月々の返済額を抑え、奨学金や親から借りることなども合わせて考えるようにしましょう。

posted by 学ロン at 00:31| 学生ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。