2011年04月11日

東京三菱UFJ銀行が法人税納付を再開

大手銀行のほとんどが法人税を納付していない状況が続いていますが、東京三菱UFJ銀行は10年ぶりに法人税の納付を再開することになったようです。

税金を納める心がけを持つようになったのは正直エライ!と思います。
今後は東京三菱をメインバンクにしようかなって考え中です。

東電もそうですが、税金などの公的資金に頼るのは企業としての恥なわけです。
たとえ貸してくれるといってもつき返し、率先垂範して納税するように心がけるのが企業としての社会的な責任ではないかと思います。
大企業といわれているのであればなおさらのこと、きちんと税金を納めるという気概を企業には持ってもらいたいものです。

結局のところ、一流大学を出て知識を蓄えたとしても、その知識を自分たちが有利になるシステムを構築するようなゲスな使い方しかされていないのが現状です。
大学というのは、そこで学んだ知識のその使われ方によって美しい場所にもなり、あるいは汚い場所にもなるのです。

昨今、原発関連で内閣に助言していた大学の教授が辞任しましたが、これは最後の良心とみるべきかと思われます。

学生のうちからローンをして借金するようなことは、倫理的にもなるべく避けたいと考えている方も多いかと思いますが、社会に出たら倫理も何もあったものではない現実が待ちかまえているわけですので、あまり気にする必要はないです。
posted by 学ロン at 23:53| 学生ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする