2018年10月12日

教育ローンというのも有りではないだろうか。

学生さんが学費などでお困りの場合は、学生ローンなどを利用されることになるかもしれませんが、できるだけ、親御さんの方で費用の方は準備してあげるべきかと思います。

このあたりは個々の家庭によってまちまちではありますが、できることなら、学資保険などでのつみたてをしておきつつ、教育にかかる費用の負担を軽減させる方向で準備しておくべきではないかと思うわけです。

ただ、昨今の日本経済の状況を考えて見ますに、リストラや給与の削減などで家計を圧迫してしまうケースも多く、子供が大きくなった際、最終的に学費が不足してしまうということも多々あるものです。

そうなった場合、キャッシングなどのローンを利用することもできますが、教育ローンを利用した方が利息が少なくてすむケースも多いわけです。
これは民間の金融機関の教育ローンでもそうですし、公的な国民金融公庫による融資の場合もそうです。

同じローンを利用するのなら、できるだけ利息の低い、教育ローンを利用する方がいいのかもしれませんね。
posted by 学ロン at 00:16| 学生ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。