2014年09月26日

学生と大学経営、天下り役人をつなぐ奨学金

昨今、経済的な理由で大学を中退される学生さんが2割を超えてきているようです。アベノミクスで景気が良くなったと言われていますが、格差社会が広がりつつあるのかもしれません。

ただ、大学の学費などせいぜい500万円ぐらいなものではないでしょうか。

医学部などは別でしょうけれども、大学の年間の授業料なんて私大でもせいぜい80万円ぐらいですし、4年通っても300万かそこらです。入学金などを入れても、400万円ぐらいで済むかもしれません。また、国公立ならもっと安く済むはずです。

ひょっとすると、今はもっと高くなっているのかもしれませんが、4年で500万もあれば、卒業できるものと思います。

たった500万や600万のお金がないばかりに、大学で知識や教養を得る機会を逃すというのは非常にもったいないことだと感じます。

今後、少子高齢化社会に移行するわけですから、若い世代の方には少数精鋭で能力を高めていってもらわなくては日本は持ちません。

ただ、たった500万円といえども、今後、学生さんの親はいわゆる氷河期世代の人ばかりの世代に入ってくるものと思います。非正規雇用やワーキングプアなどでいわゆる失われた世代といわれている層になります。

となると、ますます経済的な理由による中退率の増加に拍車がかかってしまうのが予想されます。

この格差を解消しようと、奨学金の貸与を増加させる方向へいくようですが、昔の奨学金と比べ、現在は学生ローンとほぼ同じですので利息のかかるのが特徴です。

いわば、500万円で3%程度のカーローンを卒業と同時に返済していくという感じになります。

国産車4〜5台分のカーローンを払いながら社会に出るのと同じような感じになるわけです。車の場合、返済がきつくなったら売ればいいだけですが、学歴をお金にかえることはできません。結果として経済的にも困窮するでしょうし、格差社会の負の連鎖が生じてくるものと思われます。

少し考えれば、おかしな制度だというのがまともな感覚だろうと思います。

消費者金融業界では多重債務者を予防するため、グレーゾーン金利の廃止や貸金業法の改正がなされましたが、その一方で、卒業と同時に下手をすれば1000万円以上の借金を抱えてしまうような、そういう現状になってしまっているわけです。

「なぜ、こんなことになっているのか?」といえば、そうやって学生をローンづけにしないと、中退する学生が多くなってしまい、結果としてつぶれてしまう大学が多発してしまうからだろうとおもわれます。

大学経営はひとつのビジネスでもありますので、売上高にあたる授業料を確保しなくてはいけませんが、少子化の影響で定員割れが多発している状況において、年々、売上が減少しているのだろうと思います。

そんな状況のなか、学生を確保するためには、奨学金の制度が必須の要素となっているのでしょうけれども、これは大学への補助金という側面もあるものと思われます。役人にとってみても、大学がつぶれちゃったら理事などで天下りできなくなってしまうので死活問題です。

大学経営にとってみても、奨学金制度がなくなって入学者が減ってしまったら、これまた死活問題です。このような思惑が絡まり合い、学生が奨学金という名の借金づけになってしまっているものと思われます。

ではどうすればいいのかというと、みんな大学に行かなければいいんじゃないかなと思います。
大学にいっても、地方の私大程度なら特に就職先があるわけでもなし、その分、手に職を付ける形で4年間はやく社会に出た方がよっぽどコスパがいいです。
posted by 学ロン at 00:16| 学生ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。