2014年09月30日

大学進学に価値はあるのか?

当方30代後半になりましたが、自分の人生を振り返ってみても大学教育を受けた意義を未だに見いだせません。

就職の利点

大学を出ることの意義として、まずは就職ということがありますが、当時は就職氷河期まっただなかの状況にあり、求人件数は数えるくらいしかありませんでした。それでも自分の周りではほぼ全員、何等かの形で就職が決まりましたが、自分も含めて不本意な就職をした人が多いです。

自分の場合、あまり印象がよくなかった商品先物の会社に勤めたのですが、その後、5年程度で倒産、そして派遣社員を転々として働く結果になりました。いわゆるワーキングプア状態でしたが、寮費や食費を引かれると手取り5万程度しかなく、また生産調整などが入ると休業状態になってしまうため、なかなか稼ぐことができなかったのです。

そのような状況のなか、消費者金融からの借り入れも膨らみ、お恥ずかしながら債務整理をする結果になっております。

けれども、その後は一念奮起して自分で事業を開始し、高額所得者まで復帰しております。けれども、今の仕事には大学教育の知識などはまったく必要ありません。法人の決算書を作成する際に簿記の知識が多少とも役立っているぐらいで、ほとんど意味はありませんでした。

これなら、高校を卒業した時点で直接事業を開始した方がよかったのではないかと感じております。

経済的な利点

私は奨学金を受けて大学にいっておりましたが、総額で400万円程度の学費がかかっており、30代半ばまで返済が続いたため、有意義なヤングライフをエンジョイすることができませんでした。大好きな彼女とのデート代なども割り勘してもらったこともあり、心苦しい思いをしたことを覚えています。

また、奨学金は連帯保証人が必要なため、債務整理をしたとしても結局は完済せざるを得ないものです。道義上も学生を支えるという意味合いがありますので、踏み倒すことはできかね、結局はすべて返済しております。

それほどの費用と時間、そして労力をかけて習得した知識が実際の仕事で何の役にも立たないことを考えると、高卒でそのまま自分で事業を立ち上げてしまった方がよかったと感じています。

けれども、最近はアベノミクスによる円安の影響を受け、企業業績が回復しているようです。また、少子高齢化社会へと突入することによる労働力不足にもなるはずですので、今後は企業求人も増えていくことかと思います。就職氷河期とは違い、よい会社に就職するには大学を出ていることが要求される可能性が高いですので、大学教育を受ける意味があるかもしれません。

いずれにしましても、どの世代に生まれたのかという運みたいなものがありますので、単純には言いきれませんが、少子高齢化社会は確実にやってきますので、これからの世代は大学に進学しておいた方がよいかもしれません。

posted by 学ロン at 00:00| 就職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする