2014年09月30日

大学進学に価値はあるのか?

当方30代後半になりましたが、自分の人生を振り返ってみても大学教育を受けた意義を未だに見いだせません。

就職の利点

大学を出ることの意義として、まずは就職ということがありますが、当時は就職氷河期まっただなかの状況にあり、求人件数は数えるくらいしかありませんでした。それでも自分の周りではほぼ全員、何等かの形で就職が決まりましたが、自分も含めて不本意な就職をした人が多いです。

自分の場合、あまり印象がよくなかった商品先物の会社に勤めたのですが、その後、5年程度で倒産、そして派遣社員を転々として働く結果になりました。いわゆるワーキングプア状態でしたが、寮費や食費を引かれると手取り5万程度しかなく、また生産調整などが入ると休業状態になってしまうため、なかなか稼ぐことができなかったのです。

そのような状況のなか、消費者金融からの借り入れも膨らみ、お恥ずかしながら債務整理をする結果になっております。

けれども、その後は一念奮起して自分で事業を開始し、高額所得者まで復帰しております。けれども、今の仕事には大学教育の知識などはまったく必要ありません。法人の決算書を作成する際に簿記の知識が多少とも役立っているぐらいで、ほとんど意味はありませんでした。

これなら、高校を卒業した時点で直接事業を開始した方がよかったのではないかと感じております。

経済的な利点

私は奨学金を受けて大学にいっておりましたが、総額で400万円程度の学費がかかっており、30代半ばまで返済が続いたため、有意義なヤングライフをエンジョイすることができませんでした。大好きな彼女とのデート代なども割り勘してもらったこともあり、心苦しい思いをしたことを覚えています。

また、奨学金は連帯保証人が必要なため、債務整理をしたとしても結局は完済せざるを得ないものです。道義上も学生を支えるという意味合いがありますので、踏み倒すことはできかね、結局はすべて返済しております。

それほどの費用と時間、そして労力をかけて習得した知識が実際の仕事で何の役にも立たないことを考えると、高卒でそのまま自分で事業を立ち上げてしまった方がよかったと感じています。

けれども、最近はアベノミクスによる円安の影響を受け、企業業績が回復しているようです。また、少子高齢化社会へと突入することによる労働力不足にもなるはずですので、今後は企業求人も増えていくことかと思います。就職氷河期とは違い、よい会社に就職するには大学を出ていることが要求される可能性が高いですので、大学教育を受ける意味があるかもしれません。

いずれにしましても、どの世代に生まれたのかという運みたいなものがありますので、単純には言いきれませんが、少子高齢化社会は確実にやってきますので、これからの世代は大学に進学しておいた方がよいかもしれません。

posted by 学ロン at 00:00| 就職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月04日

奨学金の社会問題化を報じるニュースの違和感

最近の奨学金問題を報じるニュースを見ていると、なぜか学生擁護一辺倒の意見が多いように感じています。確かに、昨今の奨学金は高額化している傾向があり、500万、600万円の借入はざらで、大学院まで進むと1,000万円を超えるケースもあり、社会問題化しているのは事実です。

けれども、そもそも本人の意思で借りたお金ですし、返さなくてもよいという風潮になってしまうのは違うと僕は思うのです。現在でも返還し続けている就職氷河期世代もいるなか、ここで給付型奨学金を導入すると世代間での不平等を生じさせることになります。

なぜ、ここまで議論が大きくなってきたのか?

これには何か巨大な陰謀が隠されていると考えざるを得ません。

これは主観になりますが、このまま奨学金の延滞者が多くなってくると、原資が枯渇してしまい、新たな給付が出来なくなってしまうのだろうと思われます。そうなると困るのは、学生はもちろんのこと、それ以上に大学ビジネスや天下り役員への影響が大きくなってくるのだろうと思われます。

給付の原資がなくなり、学生が奨学金を借りることができなくなると、大学へ進学する学生数が減少し、最終的には廃校に至る事例が多くなってくるものと思われます。そうなってくると、大学再編の動きが加速することになりますが、これを避けるには何としても学生が十分に奨学金を借りられる状態にしなくてはいけません。

そのためには、これまでのような市場で資金を調達する方法では困難なので、税金の投入が必要不可欠ということなのではないでしょうか?

給付型奨学金など税金を投入させる動きが活発化してきておりますが、その布石として、昨今メディアが中心となって奨学金の社会問題化が報じられているのだろうと思われます。けれども、まず改革すべきは奨学金問題ではなく、大学授業料の高額化の問題であり、大学再編の問題が急務であると僕は考えております。

posted by 学ロン at 00:00| 就職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

就職氷河期の30代には奨学金返還の困難な人が多い

奨学金を昨日、断腸の思いで全額返済してきたのですが、いざ返してしまうと非常にすっきりしてモチベーションも良い方向へ転換したような気がしています。

バランスシート上ではプラスだったものの、やはり、債務があるというのはストレスがたまるものです。これで債務はすべて返済できましたので、すっきりした気持ちになりました。

この奨学金についてですが、我々、30代の人のなかには、返済が困難になっているケースも多いかと思われます。

思えば、2000年前後というのは就職氷河期まっただなかでしたので、実効就職率は6割に満たない程度だったように記憶しております。就職説明会などに行きましても、百人程度が集まる中、採用人数はたったの2人とか、まるで雲をつかむような感じだったわけです。

私は特に優秀な学生というわけでもなかったので、できるだけ、パイの少ない企業を集中的にあたっていたのですが、妥協に妥協を積み重ねるしか仕方がありませんでした。結果として、就職を避けるような、いわゆるブラック企業しか就職口はなかったわけです。

その会社も既に倒産してなくなってますが、その後に就職した会社も、その次に就職した職場も今はすでになくなっています。

しょうがないので、現在は自分で会社を立ち上げて仕事をしており、現在では最高税率に近いところまで収入が増えてきております。

私の場合は実に幸運だったことが重なり、加えて、取引先の支えなどもありましたので、無事、奨学金を返済することができましたが、私ど同年代の、いわゆる就職氷河期の方は派遣労働で生活が苦しい方が多いのが実情かと思うのです。

いわゆるワーキングプアといわれている人たちですが、私も10年ほど前はそれに近い生活を送っておりましたので、その実情は承知しており、派遣などの収入での返済は不可能に近い気がいたします。

ただ、就職氷河期世代の30代だったからこそ、得られたチャンスというのも存在するわけです。氷河期世代だったからこそ、ハナから就職にはあきらめがついたという事情がありますので、自分で会社を経営することができたんだと考えてます。

もし、当時、ぶなんに就職していたら、その後もつつがない生活を送っていたことかと思うのです。年収400万円程度の収入で満足し、こじんまりとした生活をしていたような気がいたします。

そのようなことを考えますと、就職氷河期の世代に生まれてきてよかったなと感じることもあります。もし、現在、30代で多額の奨学金の返還をかかえ、悲観にくれている方がいらっしゃいましたら、プラス思考でピンチをチャンスにかえていってもらえたらなと思います。
posted by 学ロン at 08:56| 就職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。