2019年04月18日

学生ローンでキャンパスライフをエンジョイ

日本の場合、大学受験までは厳しい面がありますが、大学生になると生活が一変します。過酷なお受験生活から開放されたキャンパスライフは、人生のなかでも最後の楽園ともいえる楽しいものです。

受験勉強と就職後のサラリーマン生活の間の憩いひとときともいえる大切な時期になりますので、貴重な時間を有意義に過ごすことをおすすめします。

けれども、学生生活をエンジョイするためには、学費のほかにも、サークル活動やデート費用、飲み会、あるいは卒業旅行などで多額の費用がかかる傾向にあります。

バイトをすれば、ある程度の収入にはなりますが、免許の取得や学費の支払い、資格の取得など、数十万円単位のまとまった資金が必要になることも多いです。社会人であれば、ローンを組むのは比較的簡単なのですが、職についていない学生がローンを組むというのは困難な傾向があります。

けれども、学生ローン比較をしてみますと、首都圏を中心に、学生でも借り入れが可能な貸金業者も比較的多い傾向にあります。概ね、バイト収入が前提にはなりますが、探せば、学生でも融資してくれる金融会社もあるかと思いますので、詳細にチェックされることをおすすめします。

ただ、月並みですが、借りすぎには注意が必要となります。
就職氷河期といわれているように、学校を卒業後も就職が決まらないということも、今のご時世なら普通にあるものです。借り入れをかかえたまま就職活動をするのは、心理的にも、金銭的にも負担が多くなります。

できるだけ、金利を安く借りることができるローン会社を選択して、学生のうちは月々の返済額を抑え、奨学金や親から借りることなども合わせて考えるようにしましょう。

posted by 学ロン at 00:31| 学生ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月14日

学生さんだってお金が必要だもの

学生生活をエンジョイしたい。
そう思ったときは学生ローンを借りるときかもしれません。
だって、比較的安心して借りることができますし、何より家族に知られることなくローンできるので、お金が必要なときには便利だからです。

今の時代、キャンパスライフを有意義に過ごすのならば、先立つものがなくては何もできません。
もちろん、借金はない方がいいですし、バイト収入だけで足りていれば問題ないですが、サークルや飲み会、資格の取得や卒業旅行と、一時的に資金が不足してしまうこともあるものです。

学生ローンの会社を見てみますと、主に東京都内に多くの貸金業者が存在するようですが、地方でもそれなりにいろいろあるものと思います。
タウンページなどでいろいろ探してみるか、インターネット経由で申し込みできる業者を利用するとよいでしょう。

ただ、昨今をとりまく消費者金融状況は激変の一途をたどっております。
貸金業法が改正しておりますし、主婦や安定した収入のない方にとっては、キャッシングやクレジットしづらい状況になりつつあります。
できることなら、奨学金制度を利用するなどして、なるべく金利のかからない、もしくは低金利の金融会社を選択することをおすすめいたします。
posted by 学ロン at 16:58| 学生ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月12日

教育ローンというのも有りではないだろうか。

学生さんが学費などでお困りの場合は、学生ローンなどを利用されることになるかもしれませんが、できるだけ、親御さんの方で費用の方は準備してあげるべきかと思います。

このあたりは個々の家庭によってまちまちではありますが、できることなら、学資保険などでのつみたてをしておきつつ、教育にかかる費用の負担を軽減させる方向で準備しておくべきではないかと思うわけです。

ただ、昨今の日本経済の状況を考えて見ますに、リストラや給与の削減などで家計を圧迫してしまうケースも多く、子供が大きくなった際、最終的に学費が不足してしまうということも多々あるものです。

そうなった場合、キャッシングなどのローンを利用することもできますが、教育ローンを利用した方が利息が少なくてすむケースも多いわけです。
これは民間の金融機関の教育ローンでもそうですし、公的な国民金融公庫による融資の場合もそうです。

同じローンを利用するのなら、できるだけ利息の低い、教育ローンを利用する方がいいのかもしれませんね。
posted by 学ロン at 00:16| 学生ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月17日

国公立大学の人文学部系は廃止の方向へ

下村博文文部科学相が、国公立大学における人文学部系の廃止や社会的要請の高い分野への転換を各学長へ要請したもようです。大学側が6年間の中期目標を策定するにあたっての基本方針を打ち出した形になりましたが、交付金の廃止懸念などもあり、大学側も困惑気味のようすです。

この背景には、少子化による定員割れが懸念される一方、いわゆるFラン私立大学などはかえって増えてきている傾向があり、国公立大学でまで人文学部系の学問をやる必要性があるのかという点があると思います。

文学や一般教養など、それを習得しても実社会に出れば、必要となることはまずありません。そうであるならば、理系や医療系などの専門分野に絞って、国際競争力に打ち勝てるような人材を育成することに集中した方が効率よいということなのでしょう。

数十年後、中国やインドの台頭が予測されているなか、国際競争力の低下を抑えるには大きな改革が必要です。けれども、学生さんも、つい数年前まではゆとり教育で数学などは勉強しなくてよいなどといわれたと思えば、今度は国公立の文系学部はなくして理系に特化するなどとコロコロ方針が転換されてはたまったものではありません。

教育は国家百年の計といわれますが、すべていきあたりばったりの方針といわざるをえません。

どうせ減らすならば、私立大学の人文学部系をへらせばよいと思うのですが、天下りの関係もあって減らせず、かといって少子高齢化で定員割れともなれば、しょうがないから国公立大学の文系を減らすかという意味合いもあるかと思います。

国公立大学の有名な文系学部も廃止になる可能性が現実味を帯びてきており、今後も目が離せない展開になってきました。

posted by 学ロン at 18:23| 学生ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月26日

学生と大学経営、天下り役人をつなぐ奨学金

昨今、経済的な理由で大学を中退される学生さんが2割を超えてきているようです。アベノミクスで景気が良くなったと言われていますが、格差社会が広がりつつあるのかもしれません。

ただ、大学の学費などせいぜい500万円ぐらいなものではないでしょうか。

医学部などは別でしょうけれども、大学の年間の授業料なんて私大でもせいぜい80万円ぐらいですし、4年通っても300万かそこらです。入学金などを入れても、400万円ぐらいで済むかもしれません。また、国公立ならもっと安く済むはずです。

ひょっとすると、今はもっと高くなっているのかもしれませんが、4年で500万もあれば、卒業できるものと思います。

たった500万や600万のお金がないばかりに、大学で知識や教養を得る機会を逃すというのは非常にもったいないことだと感じます。

今後、少子高齢化社会に移行するわけですから、若い世代の方には少数精鋭で能力を高めていってもらわなくては日本は持ちません。

ただ、たった500万円といえども、今後、学生さんの親はいわゆる氷河期世代の人ばかりの世代に入ってくるものと思います。非正規雇用やワーキングプアなどでいわゆる失われた世代といわれている層になります。

となると、ますます経済的な理由による中退率の増加に拍車がかかってしまうのが予想されます。

この格差を解消しようと、奨学金の貸与を増加させる方向へいくようですが、昔の奨学金と比べ、現在は学生ローンとほぼ同じですので利息のかかるのが特徴です。

いわば、500万円で3%程度のカーローンを卒業と同時に返済していくという感じになります。

国産車4〜5台分のカーローンを払いながら社会に出るのと同じような感じになるわけです。車の場合、返済がきつくなったら売ればいいだけですが、学歴をお金にかえることはできません。結果として経済的にも困窮するでしょうし、格差社会の負の連鎖が生じてくるものと思われます。

少し考えれば、おかしな制度だというのがまともな感覚だろうと思います。

消費者金融業界では多重債務者を予防するため、グレーゾーン金利の廃止や貸金業法の改正がなされましたが、その一方で、卒業と同時に下手をすれば1000万円以上の借金を抱えてしまうような、そういう現状になってしまっているわけです。

「なぜ、こんなことになっているのか?」といえば、そうやって学生をローンづけにしないと、中退する学生が多くなってしまい、結果としてつぶれてしまう大学が多発してしまうからだろうとおもわれます。

大学経営はひとつのビジネスでもありますので、売上高にあたる授業料を確保しなくてはいけませんが、少子化の影響で定員割れが多発している状況において、年々、売上が減少しているのだろうと思います。

そんな状況のなか、学生を確保するためには、奨学金の制度が必須の要素となっているのでしょうけれども、これは大学への補助金という側面もあるものと思われます。役人にとってみても、大学がつぶれちゃったら理事などで天下りできなくなってしまうので死活問題です。

大学経営にとってみても、奨学金制度がなくなって入学者が減ってしまったら、これまた死活問題です。このような思惑が絡まり合い、学生が奨学金という名の借金づけになってしまっているものと思われます。

ではどうすればいいのかというと、みんな大学に行かなければいいんじゃないかなと思います。
大学にいっても、地方の私大程度なら特に就職先があるわけでもなし、その分、手に職を付ける形で4年間はやく社会に出た方がよっぽどコスパがいいです。
posted by 学ロン at 00:16| 学生ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。