2014年09月26日

米国、韓国の学生ローン事情も日本と同じだ

アメリカでもそうですが、韓国の学生もローンの返済を延滞する人が増えてきているようです。
韓国では政府による学資融資金が学生に貸付されていますが、大学を卒業したものの、就職できずに、延滞者となるケースが急増しています。

15年の延滞者は2万人にのぼり、約12億円の学資融資金が滞納となっているようです。
13年は千人だったものの、14年は1万人になり、今年は2万人といった形で延滞者が急増してきています。

この学資融資金は、日本の奨学金にあたるものですが、全額が政府による支援となっています。

韓国は日本以上に学歴社会となっていますが、大学を卒業したものの、就職できず、ローンの返済がとどこってしまう人が多いのは、日本と同じ状況のもようです。

また、米国の学生も多額のローン債務を抱えており、その総額は100兆円といわれています。
この金額は住宅ローンの次に匹敵する金額で、学費の高騰により、債務残高が増加している背景があるようです。

大学を卒業しても、不完全な雇用の形が多い傾向にあり、日本の非正規雇用と実態は似ているものと思われます。結果として、学生ローンの延滞率は年々、上昇を続けているもようです。

米国や日本、韓国も学生を取り巻く金融の負担の重さには似たような状況にあるようです。


posted by 学ロン at 00:00| 学生ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

東京三菱UFJ銀行が法人税納付を再開

大手銀行のほとんどが法人税を納付していない状況が続いていますが、東京三菱UFJ銀行は10年ぶりに法人税の納付を再開することになったようです。

税金を納める心がけを持つようになったのは正直エライ!と思います。
今後は東京三菱をメインバンクにしようかなって考え中です。

東電もそうですが、税金などの公的資金に頼るのは企業としての恥なわけです。
たとえ貸してくれるといってもつき返し、率先垂範して納税するように心がけるのが企業としての社会的な責任ではないかと思います。
大企業といわれているのであればなおさらのこと、きちんと税金を納めるという気概を企業には持ってもらいたいものです。

結局のところ、一流大学を出て知識を蓄えたとしても、その知識を自分たちが有利になるシステムを構築するようなゲスな使い方しかされていないのが現状です。
大学というのは、そこで学んだ知識のその使われ方によって美しい場所にもなり、あるいは汚い場所にもなるのです。

昨今、原発関連で内閣に助言していた大学の教授が辞任しましたが、これは最後の良心とみるべきかと思われます。

学生のうちからローンをして借金するようなことは、倫理的にもなるべく避けたいと考えている方も多いかと思いますが、社会に出たら倫理も何もあったものではない現実が待ちかまえているわけですので、あまり気にする必要はないです。
posted by 学ロン at 23:53| 学生ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

奨学金の受給で生活保護費は減額されるか?

福島県の生活保護受給者が、高校生の子供が受けた奨学金が収入と認定されたことで生活保護費が減額され、同市に減額処分の取り消しと損害賠償を求めて裁判になっているようです。

子供の奨学金は学業のための奨励金ですので、最低限の生活のための生活保護と分けて考える必要がありそうな気がします。また、奨学金はそのような貧困家庭を援助するのが本来の目的ですので、子供の奨学金が収入に入るのかについて判断が分かれるところかと思います。

ただ、世の中には家が貧乏なので、中卒で働いて真面目に納税している人も大勢います。また、日中は働いて、夜間の学校に通う人もいます。そのような人たちからみると、自分たちは高校に行きたかったけど、家が貧乏だから仕方なく家計を支えるために働き、そして税金を納めているわけです。

一方で、その納めた税金が、同じ年代の働いていない子の生活保護費として支給されるというのは、理不尽な気持ちになるのではないでしょうか。そのような大切なお金から生活保護費が出ていることを考えると、この減額措置は致し方ない気もします。

また、生活保護費から子供の学費も支給されますので、二重取りになってしまう可能性があります。公立の場合は授業料は無償ですし、奨学金の方で学費などが支給されるのなら、生活保護費から出ている分は減額するということでも問題ないような気がいたします。

もちろん、貸与型で返済義務のあるものでしたら、将来的に借りた分は返すことになりますので、減額されるとお金を借りる意味がなくなってしまいます。なので、学生ローン型の貸与するタイプの場合は減額の必要性はないような気もしますが、給付型の場合は保護費の減額でも仕方ない気がいたします。

結局のところ、生活保護や奨学金は現金で渡すから問題なのであって、必要なものはすべて学校に直接振り込むなり、制服や教科書なども現物で支給にするなりして援助するしかやりようがないのかもしれません。

食料なども現物支給にして家賃は直接振り込みにし、電気代や水道、ガス代、あるいは医療費程度を現金で支給するぐらいがちょうどよいのではないでしょうか。

現物支給の場合はかえって手間やコストがかかるのかもしれませんが、納税者側にとってみても、そういった仕組みでないと納得がいかないはずです。現状では、将来もらえる年金額よりも生活保護費の方が多いわけですので、正直者がばかを見るというシステムになってしまってる気がいたします。

posted by 学ロン at 00:00| 学生ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

デフレ時代のクリスマスプレゼント

デフレ時代のクリスマスプレゼントは、だいたい1万円前後の贈り物が相場になっているようです。昭和の時代にはブランド物を贈るというのがトレンドの時代もありましたが、現在はブランド物にこだわる人はあまりいないようです。

これは、あまり高いものを贈ったとしても、かえって気を使わせてしまうとか、重い気持ちになってしまうケースがあるのかもしれません。クリスマスには恋人同士でリラックスしたいわけですので、気を使わせてしまって疲れてしまう関係は好ましくはありません。

なので、例えば、月収230万円とかあったとして、クリスマスプレゼント代には20万でも30万でも、何なら50万とかかけても別によいのですが、相手に気を使わせてしまうとかえって申し訳ないですので、ストレスのかからない5,000円前後ぐらいのものを僕はあえて選択するようにしております。

また、2人で飲みにいったり、食事にいったりとかした際、正直、1万や2万ぐらい、全部払っても払わなくてもどちらでもよいのです。けれども、友達以上恋人未満の状態では、おごられるというのはやはりストレスのかかる場合があります。

なので、あえてワリカンにするか、むしろ相手におごってもらうように僕はしているのです。
これが妥当なのかどうかは不明ですが、何でもかんでもおごってしまうと、かえって良好な関係を崩してしまうケースもありますので気を使ってしまうわけです。

以前にマテリアルガールみたいな歌がありましたが、男としては物欲オンリーのわがままなミーハー女子の方がかえって気が休まるという傾向があります。男はクリスマスプレゼントとか、正直面倒くさいですので、ある程度の金額をかけてそれで満足してくれれば、それが一番楽ちんなのです。

これがこんな高い買い物をして金銭感覚がどうのといった話になると、男としてはストレスがたまってしまいます。デキル女子というのは、高価な贈り物をもらった際にも軽くあしらうぐらいの、そういう貫禄のある対応をしてもらった方が贈り甲斐があるというものです。

ただ、これが身内の場合には、あまり気を使わないで買い物をすることが多いです。親などにはあれ欲しい、これ欲しいとせがまれることも多いのですが、家電とか何とかで、だいたい5万円以上はしてしまいます。

また、去年のクリスマス、1歳の姪っ子にテディベアをプレゼントしたのですが、価格でいえばだいたい4万円ぐらいがかかった気がしています。これが妥当な金額なのかどうかは分かりませんが、身内のことですし、あまり金額は考えずに購入した覚えがあります。

けれども、親からみれば、限定品の高価なものだから、棚に入れてかざっておこうみたいな、そういうふうになってしまうのです。

こちらの気持ちとしては、毎日一緒に遊ぶぬいぐるみだからこそ、品質の高いものをという意味合いがあるわけですが、棚に入れてかざってしまっては高価なぬいぐるみを買った意味がありません。ぬいぐるみぐらい、子供が遊んでボロボロになってもそれでよいのですし、腕とかもげて縫い合わせるぐらいの方が贈り甲斐があるというものです。

何にせよ、デフレ時代の贈り物には、高価なプレゼントをするとダサイみたいな風潮があるのはよくないと思うのです。

posted by 学ロン at 08:21| 学生ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

最近の消費者金融は利率が低い

以前までは30%程度の利率が常識だった消費者金融業界ですが、最近はほぼ、18%程度で各社統一されているようです。
一方で、クレジットカードのキャッシング枠ですが、こちらの方は15%〜18%というようになっており、ほぼ、消費者金融と同様の利率が設定されています。

このような状況をかんがみてみると、いかに以前までの利率が高かったかと考えてしまうのですが、ようやく正常な状態に戻ってきたのだろうと思うわけです。

大きくみると日本の社会は格差社会へ既に移行しているわけですが、リーマンショック以降、今後はどのような状況になるのかわからないという情勢です。
アメリカのデフォルト危機はなんとか回避されましたが、根本的な解決はなされておらず、また、日本においても累積債務はふくらむばかりです。

日経平均株価も軒並み下落基調にあるなか、今後、リーマンショックのような国際金融危機が立て続けのおこると、現在の経済社会というのはまったく違った様相を呈することになるだろうと思われます。

そのように考えると、消費者金融というのは、今後は衰退産業になっていくものと思われますが、それに変わる新たな金融業界の登場が期待されるところであります。
posted by 学ロン at 00:16| 学生ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。